トップ «前の日記(2014年03月11日(Tue)) 最新 次の日記(2014年03月14日(Fri))» 編集 RSS feed

shinoのときどき日記


2014年03月12日(Wed)

讃美は要求に先立つ

これはわたしが洗礼を授かって教会に通いだしたころに、結城浩さんが日記に書かれていたことで、最近、深くその意味がわかりはじめてきました。

今年のわたしの年間聖句は詩篇71:14です。もろもろの悩み苦しみがある中で、力強く「しかし」とすべてを横に置きます。この「しかし」は本当に重要。

人間だもの。いろいろあります。不安、嫉妬、失敗、疑惑、悩み、苦しみ、痛み、思い通りにならない人生、ままならない"わたし"。でも、もろもろを「しかし」と退けて、ぐるっと心を神様の前に向ける。

心をぐるっと回して神様へ向けて、「わたしは絶えず望みをいだいて、いよいよあなたをほめたたえるでしょう。 」と宣言する。

神様、あなたは素晴らしい方。完全な方。完全な愛。そして光であり、言。真理であって、まことに自由な方。

そうしているとですね、自分の本当の要求。「しかし」の前にごたごたしていたものの、本当の根っこが見えてくることもあります。

詩篇71:20。ここにこうあります。

あなたはわたしを多くの重い悩みにあわされましたが、再びわたしを生かし、地の深い所から引きあげられるでしょう。 (詩篇 71:20 JA1955)

再び生きたい。

地の深い所から引き上げられたい。

究極的には、死んだままにしておかないでください、そういうことですね。

そんな大それたこと、思って良いのかと凡人なわたしは怯えたりもしますが、一方でなるほどそういうことか。と、思いました。

それにしても、神様は讃美を住まいとされるのですね。あのですね、やっぱり讃美という神様の住処の扉をトントントン、こんにちは、神様、会いに来ましたってするの、大事ですね。

なんかよくわからない日記(わたしのこの日記が。リンク先の結城さんのではなく)ですけども、そんな感じで、おやすみなさい。


トップ «前の日記(2014年03月11日(Tue)) 最新 次の日記(2014年03月14日(Fri))» 編集 RSS feed
2000|03|
2007|01|03|04|05|06|10|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|02|04|05|09|10|12|
2016|01|03|04|05|08|
2017|01|02|04|05|06|07|08|09|10|
2018|05|06|
2019|08|12|
2020|01|03|04|
2021|01|