トップ 追記 RSS feed

shinoのときどき日記


2020年04月01日(Wed)

日記って何を書くんでしたっけ。

その日にあったこと?

あなたは今日、どんなことがありましたか?

眉間にぐっとしわのよることも多いかもしれないけれど、もっとやわらかく、生きたいですね。

おいしくご飯を食べられたので、今日はまるです。

小さく小さく、できたこと、ひとつひとつを、「ホッ、できた。感謝」と積み重ねてゆきたいです。ゆくぞ。

conversation

me > the joy of the Lord is our strength. Amen!

friend > Amen. Thank you, dear.


2020年03月30日(Mon)

こんにちは。おげんきですか。

すこし、日記を書くかなという気持ちになったので、とりとめもなく、よしなしごとを書いてゆきます。今日だけかもしれないし、明日も続くかもしれないし、です。

うーん、最近、何をやっているかというと2つ3つあって、響いてきている質問が、「shinoさんはどう仕事をしたいんですか?」という問いかけ。

男の人にはすこしわかりにくいかもしれない。その質問の重さが。

正社員を辞めて、育児をしながらIT周りの仕事をしていて、いまもその延長で仕事をしていて、次の一手、どうするかという岐路にあるのは確かです。

どうするかというところで、コロナという大きな出来事があって。いつ社会から投げ捨てられてもおかしくないし、自分から飛び出してもおかしくはない状況になってしまいました。

みんながやや呆然としながら、次の衝撃を待っているのが「いま」なのではないでしょうか。

揺さぶられる中で、手をのばす先があるのはしあわせなことです。

「恐れるな、わたしがあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから」。


自分の近況を未来の自分にメモしておくと、いい年をして初めて、きちんとお化粧をするようになりました。YouTubeはすごいですね!目の前にリップがあっても、チークがあっても、アイシャドウがあっても、それをいったい何をどうしたらいいのかわからなかったのですが、「動画」というもので、いろんな人が、いろんなやり方を公開してくれている。たくさん見ていくうちに、「なるほど!こう使うの!」というのがわかってきました。オンライン時代でありがたいことのひとつです。

お化粧をきちんとして、血色をよくしておくと、人も安心して話しかけられるようです。コミュニケーションのひとつとしてお化粧を楽しみたい今日このごろです。


2020年01月01日(Wed)

あけましておめでとうございます。

今年も。

「主イエスの恵みが、一同の者と共にあるように。」

‭‭ヨハネの黙示録‬ ‭22:21‬ ‭JA1955‬‬ https://www.bible.com/81/rev.22.21.ja1955


2019年12月08日(Sun)

こんにちは。

年末押し迫る今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。

当初より「ときどき日記」というタイトルをつけ、名前に甘んじて、めったに書くことのない日々です。

20年前のウェブ日記のはじまりのころが懐かしいですね。

ふと振り返ると、ずいぶん、広いインターネットをグローバルに少しばかり歩けるようになってきたかなぁ、と、思う今日このごろです。

2001年、UTF-8がインターネット標準となって爆発的に普及して、Instagramなどで日本語以外の言語も文字化けしないで読めるようになったのは本当に大革命でしたね。

そして、インターネットの回線も太くなり、オンデマンド配信動画がふつうの日々に。6年前からせっせと海外ドラマを字幕で見ているようです。

さらに、いま、多言語アプリの英→日本語翻訳ボランティアをしています。お金はまったく稼げないのですが、北米、東ヨーロッパ、西ヨーロッパ、東南アジア、南半球、アフリカ大陸、日々、さまざまな国の人たちとコラボ作業をしています。たのしくやっております。

わたしはあんまり生きてることには向いてないなと思いながら、ぽつぽつとやっています。

一歩、また一歩。

そんな感じです。

聞こえますか? Can you heare me? I'm still alive.


トップ 追記 RSS feed
2000|03|
2007|01|03|04|05|06|10|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|02|04|05|09|10|12|
2016|01|03|04|05|08|
2017|01|02|04|05|06|07|08|09|10|
2018|05|06|
2019|08|12|
2020|01|03|04|