トップ «前の日記(2013年01月01日(Tue)) 最新 次の日記(2013年01月07日(Mon))» 編集 RSS feed

shinoのときどき日記


2013年01月03日(Thu)

残額メモのデータをiComptaにインポートする

  • 環境
    • iOS6
      • 残額メモ データ入力に強く、生活費レベルの残額把握が行いやすい
      • iCompta 持ってる口座を全部登録、家族構成員それぞれの資産把握に強い
    • Windows7
      • "Felica2Money" 残額メモの出力するcsvを、iComptaがインポートできるofx形式に変換する

参考ページにある定義ディレクトリに、残額メモの場合、次のルールを置く。

  • 手順
    • 残額メモから口座のcsv(Shift-JIS)をWindows7に送る
    • 口座のcsvの最後二行を削除する
    • FeliCa2Moneyを起動し、定義ファイル「残額メモ」を指定し、初回は新しい口座を設定し、csvを指定してofxに出力する
    • iComptaのBackupを起動する
    • Windows7のブラウザからiComptaのバックアップ画面を開く
    • 先ほど出力したofxファイルを指定して、インポートする
    • iOSのiCompta画面でどの口座にデータを流し込むか問われるので指定する

これでだいたいデータが流し込める。

1点、現状で残念なのは、残額メモで設定したタグ(費目)は、iComptaのカテゴリとして登録されない点。わたしはiComptaでは金額の把握をするのが目的で、タグ(費目)情報は別アプリで利用するから良いけれど、残念ながらタグ情報は捨てとなる。(一応、メモ欄に入ってはいるけれど、グラフに使えない)。

Tags: iPod touch

2013年、年間聖句

あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べています。その聖書が、わたしについて証言しているのです。それなのに、あなたがたは、いのちを得るためにわたしのもとに来ようとはしません。

[ヨハネ5:39-40より引用]

今年の年間聖句は、自分自身の信仰を問う聖句にしました。この聖句に続けて、イエスは「ただ、わたしはあなたがたを知っています。あなたがたのうちには、神の愛がありません。」(42)と言っています。

昨年は、山に関する本を読み狂い、もちろん、それによって得るものもたくさんあったのですが、でも、徐々に、読むことと実際によって山へ行って感じることの、ズレが大きくなりすぎて、しんどくなりました。

山について本を読むことと、山を自分の体重や肉体を感じながら一歩一歩あえぎあえぎ登ることは、まったく、違うことです。わたしは本読みの人だからと逃げましたが、でも、どんなに読んでも山を登ったことにはならないのです。

そして、自分は、聖書に対して信仰に対しても同じ状態ではないかと思いました。聖書を毎日読む。学びあう。それらは大事なことですが、それに甘んじて、その先に進めてないのではないか?

どうしたら、本を読むのではなく、信仰の山を実際にもっと登れるのか。信仰の山を登るとは、自分が何をすることなのか。

イエスがずばり言っている、神の愛がないわたしから、神の愛のあるわたしになるにはどうすれば?いのちを得るためにイエスのもとにゆくとは?

わからないことだらけで、…わかったように言うこともできるけど、やはり、本質的に、出来てないとしか、今の自分は思えない。

授洗して13年も経つのにこんなことを言うのは恥ずかしいけれど、でも、こう思ったからには、その先を神様が道を整えて用意していることを信じて、歩む一年でありたいです。


トップ «前の日記(2013年01月01日(Tue)) 最新 次の日記(2013年01月07日(Mon))» 編集 RSS feed
2000|03|
2007|01|03|04|05|06|10|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|02|04|05|09|10|12|
2016|01|03|04|05|08|
2017|01|02|04|05|06|07|08|09|10|
2018|05|06|
2019|08|12|
2020|01|03|04|
2021|01|