トップ «前の日記(2012年11月19日(Mon)) 最新 次の日記(2012年11月23日(Fri))» 編集 RSS feed

shinoのときどき日記


2012年11月21日(Wed)

『芦峅寺ものがたり 近代登山を支えた立山ガイドたち』鷹沢のり子 著

芦峅寺ものがたり―近代登山を支えた立山ガイドたち(鷹沢 のり子)

立山の麓にある芦峅寺の人々が、江戸時代から、どのように山との関わりを持ってきたかを辿ったのが本書だ。2001年刊行。

芦峅寺の人々は、江戸時代の山岳信仰の案内人、狩猟採取、劔岳開山後、学術登山隊などの山岳ガイド、ヒマラヤ遠征隊の縁の下の力持ち、そして富山県警山岳救助隊につながる民間山岳救助活動、山小屋管理業。南極越冬隊の活動隊員としても活躍した。

時代の変遷にしたがって、ガイドから救助隊へ、そして、山小屋管理人と仕事は変わったが、険しい山々と共に暮らす実力派の芦峅寺。

芦峅寺は、新田次郎の『劔岳 点の記』に登場するし、『ピッケルを持ったお巡りさん』の富山県警山岳警備隊創設時、民間救助隊として技術指導や活動そのものを支えた。またこの本では触れられていなかったが、『63歳のエヴェレスト』(2003年刊行)によれば立山エヴェレスト友好協会という組織が芦峅寺にあり、ヒマラヤのクムジュンと交流し、シェルパが何人も研修に来るらしい。

日本の登山史に不可欠な拠点である芦峅寺の歩みを、この本では俯瞰することができた。

芦峅寺ものがたり―近代登山を支えた立山ガイドたち
鷹沢 のり子
山と溪谷社
¥ 1,785

Tags: 読書

トップ «前の日記(2012年11月19日(Mon)) 最新 次の日記(2012年11月23日(Fri))» 編集 RSS feed
2000|03|
2007|01|03|04|05|06|10|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|02|04|05|09|10|12|
2016|01|03|04|05|08|
2017|01|02|04|05|06|07|08|09|10|
2018|05|06|
2019|08|12|
2020|01|03|04|
2021|01|