トップ «前の日記(2010年09月25日(Sat)) 最新 次の日記(2010年09月27日(Mon))» 編集 RSS feed

shinoのときどき日記


2010年09月26日(Sun)

パイプオルガンコンサート

教会でパイプオルガンのコンサートを聴いてきた。 バッハ、ダンドリュー、コレット、バルバトル、ボエリー、ブヴァール、ヴィエルヌと 1600年代から1900年代をほぼ時代順にした、また、曲調も多岐にわたって、 パイプオルガンの機能をあますことなく披露した演奏会だった。

そして、奏者の演奏も配慮もすばらしかった。 つつつ、と、作曲者を並べてしまったけれど、 不勉強なわたしは、初めて名前を聞く作曲者もいて、 そのひとつひとつを、演奏前に簡単に解説をしてくださって聴けたのはありがたかった。

特に、ルイ.ヴィエルヌ。 全盲だったにも関わらず、 ノートルダム寺院の奏楽を長年にわたって務め、 また、音楽教師でもあった、と、紹介されていた。 どんな人だったのだろう。

通過するだけにしても。

パイプオルガンは、林立した大小の管の中を、 ふいごのように空気を送られて、 音を出す楽器だ。

空気は、ただ、空気なのに、 管を通ると音になる。

そして、 人間が奏でると音楽になる。

音楽は、緻密に構成された音の束で、 それを再現するためには、 知るだけではなく、 膨大な訓練が必要になる。

ただの空気なのに。 空気が音楽になる。


トップ «前の日記(2010年09月25日(Sat)) 最新 次の日記(2010年09月27日(Mon))» 編集 RSS feed
2000|03|
2007|01|03|04|05|06|10|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|02|04|05|09|10|12|
2016|01|03|04|05|08|
2017|01|02|04|05|06|07|08|09|10|
2018|05|06|
2019|08|12|
2020|01|03|04|
2021|01|