トップ «前の日記(2010年03月27日(Sat)) 最新 次の日記(2010年04月09日(Fri))» 編集 RSS feed

shinoのときどき日記


2010年03月30日(Tue)

第八回Wikiばなの感想。

前回の日記は、運営サイドのふり返り的なものだったので、内容について、今回は少し書いてみます。

今回、やって良かったなぁ、と、思ったのは、発表時はあまり強調されてなかったように思うけれど、[塚本さんの発表でスライド41枚目にある「Wikiリテラシー」の「所有意識から所属意識へ」のところ。これを塚本さんが自分で感じて、発見して、気づいたってのが、2004年からWikiばなを始めて仲間として紆余曲折してきた、わたしとしてはすごく嬉しかったです。

わたしは今でこそ、Wikiばなを「イベントでしょ」と言われても、「ま、イベントですね」と流せるに至ったけれど、数年前は、「違う!Wikiばなは単なるイベントじゃない。『場』なんだ!明確な範囲や規定はないけれど、コミュニティなんだ!」と塚本さんと激論して激昂してた記憶がある。

塚本さんの考え方は、当時、「場所押さえて、テーマ決めて、発表者を依頼して、あとは告知すれば、興味ある人が適当に集まるよね」という感じだった。それに対して、わたしは、「そんな外枠を埋めることなんて誰だってやろうと思えばできる。そうじゃなくて、そこにどういう人たちが集ってくるのかが重要なんだよ。そこはコミュニティなんだよ。『場』なんだよ」と一生懸命、伝えようとしてたんだけれど、うまくできなかった。今でも冷静には、あまりうまく説明できない。

そんな塚本さんが「shinoさんが昔、Wikiにはコミュニティが重要だって言ってたのが、あの時は全然わからなかったけれど、ようやくわかってきた」と打ち合わせのときに言っていたのが、感無量です。もうね、わたしとしては、それだけで今回のWikiばなは開催した価値があります。

Wikiは、表面的なページに掲載された情報じゃなくて、その背後で働く、こびとさんを知ってこそ、おもしろみがあるのですよ。Wikiの向こうには人がいるのですよ。それが大切だからこそ、リアルで顔をあわせる場を作ろうなんてことを、わたしはやっているのです(とか、声高に言っちゃうと、こびとさんはナイーブで、姿を隠しちゃうから、この話はそんなにはしません)。

(……しかし、まだ若干、塚本さんに理解されてない気がするんだけれど、Wikiばなは、『場』としての効果を最大限に発揮するためなら形式は問わないですよ。ここ何回かは、発表形式取り入れてますけれど、前みたいな「ばな」形式や、ほかにも適した形式があれば、随時それを取り入れたいと思っています)。

それから、塚本さんの発表時には言葉も省かれてたのだけれど、「所有意識から所属意識へ」について、元のスライド34枚目では次のように説明されている。

あなたの作成したコンテンツを誰かが書き換え始める。

-コラボレーションのはじまる瞬間

-コンテンツの「所有意識」が失われる瞬間

この痛みを歓迎できることがWikiリテラシー

[群衆の知恵・集団的知性とWikiコラボレーションより引用]

書き換えられるということは、痛みがあるのです。しかし、痛みを乗り越えて、広がる世界(Wiki)が、おもしろいですよね。この痛みを無視したり無いことにするんじゃなくて、「痛みを歓迎できることがWikiリテラシー」と言うのが、すばらしいです。(そして、ここはもっと深堀できる可能性のあるところだと思います)。

Tags: Wikiばな

トップ «前の日記(2010年03月27日(Sat)) 最新 次の日記(2010年04月09日(Fri))» 編集 RSS feed
2000|03|
2007|01|03|04|05|06|10|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|02|04|05|09|10|12|
2016|01|03|04|05|08|
2017|01|02|04|05|06|07|08|09|10|
2018|05|06|
2019|08|