トップ «前の日記(2009年09月07日(Mon)) 最新 次の日記(2009年09月09日(Wed))» 編集 RSS feed

shinoのときどき日記


2009年09月08日(Tue)

O'Reillyの理想とする為政者のありかた。

米国でオライリーメディアが政府2.0サミット(Gov 2.0 Summit)(via.オライリーが新たにしかける「政府2.0カンファレンス」をやっているのをtwitter中継でみかけました。

そのなかで、どうやら、Tim O'Reillyが講演の最後を老子の言葉でしめくくったようです。

"When the best leader leads, the people say `we did it ourselves`" Lao Tzu O'Reilly、老子の言葉で締めくくりやがったぞw #Gov20Summit (via.@kimkeio http://twitter.com/kimkeio/status/3839724691 http://twitter.com/kimkeio/status/3839745006

すぐに引用箇所をあたってみたところ、これは老子第十七章の言葉らしきことがわかりました。日本語訳をあげます。

最上のリーダーはね、治めることに成功したら、あとは、退いて静かにしている。すると下の人たちは、自分たちのハッピーな暮らしを「おれたちが自分で作り上げたんだ」と思う。これが道の働きにもとづく政治なのだ。これは会社でも家庭でも同じように通じることなんだよ。 (加島祥造訳「老子」第十七章 最上の指導者とは より)

加島訳の第十七章には次のような指導者像が描かれています。

  • 一番上等なリーダー
    • 自分の働きを人びとに知らさなかった。
  • その次のリーダー
    • 人びとに親しみ、褒めたたえられ、愛された。
  • その次代のリーダー
    • 人びとにおそれられるものとなった。
  • さらに次の代のリーダー
    • 人びとに侮られる人間がリーダーになった。

そして、ダメな為政者のあり方をこんな風に書いています。

人の頭に立つ人間は、下の者たちを信じなくなると、言葉や規則ばかり作って、それでゴリ押しするようになる。

反面教師としたいものです。


トップ «前の日記(2009年09月07日(Mon)) 最新 次の日記(2009年09月09日(Wed))» 編集 RSS feed
2000|03|
2007|01|03|04|05|06|10|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|02|04|05|09|10|12|
2016|01|03|04|05|08|
2017|01|02|04|05|06|07|08|09|10|
2018|05|06|
2019|08|12|
2020|01|03|04|
2021|01|