トップ «前の日記(2009年05月29日(Fri)) 最新 次の日記(2009年06月02日(Tue))» 編集 RSS feed

shinoのときどき日記


2009年05月31日(Sun)

Re:Wikiはどんなに長文でも1ページ出力だから必要ない AutoPagerizeとwikiのせつない関係・2

AutoPagerizeは、本来的に、1つのエントリが複数ページに分割されたものを再結合して、1ページに見せるツールだということは理解しています。

ただ、すでにAutoPagerizeの利用はその本来的な意味から、拡張し、日ごとやpost順などで連続したエントリを連結してゆくツールとして、blogに適用されていっています。(そのため、blogや日記システムでは、nextの取り扱いについて議論がされるのだと思います)。

さて、wikiですが、wikiは果たして長文であっても1トピックを1ページに完結させるように指向されているのでしょうか。

わたしはこれはちょっと違うと思いました。『WikiWay』では、Wikiページのあり方についてこう示唆しています。

ページ自体の大きさよりも、ページ内容の豊富さを目指すことをお勧めします。ページサイズを相対的に小さく保ち、トピックやサブトピック、余談などが出てきたときには必ず新規ページを作ることで、読みやすさと使いやすさの向上だけでなく、他のページをリンクすることで生まれる新しい関係によって、結合空間を劇的に豊かにします。

[『WikiWay』p.138 Tip 5.1 たくさんの参照を含む短いページの勧めより引用]

なので、wikiページは決して長文指向というわけではないように思います。

otsuneさんが言う「長文」というものの中に、何が含まれているのかがよくわからなかったのですが、少なくともひとつのトピックページを長文仕立てにして、そのなかに、包括的にサブトピックや余談をすべて含むのはwiki的ではないように思います。わたしがイメージしたのは、トピックページからサブトピックページや余談ページをAutoPagerizeするのはなかなかに難しいというような単純なものでした。*1(まぁ、そういうものは、明確な「次の文書」ではないから、本来的にAutoPagerizeの範疇ではないですね)。

Tags: wiki

*1 と、書きながら、エントリとトピックの違いって何だろう?と考え込んでいたりする……。

構造

システム開発に限らず、仕事をしていて「お、センスいいな」と感じる人は、たいてい"構造によって表現を創る"ということが良く分かっています。

[構造によって表現を創る (arclamp.jp アークランプ)より引用]

Tags: quote

トップ «前の日記(2009年05月29日(Fri)) 最新 次の日記(2009年06月02日(Tue))» 編集 RSS feed
2000|03|
2007|01|03|04|05|06|10|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|02|04|05|09|10|12|
2016|01|03|04|05|08|
2017|01|02|04|05|06|07|08|09|10|
2018|05|06|
2019|08|12|
2020|01|03|04|
2021|01|