トップ «前の日記(2009年05月26日(Tue)) 最新 次の日記(2009年05月28日(Thu))» 編集 RSS feed

shinoのときどき日記


2009年05月27日(Wed)

Google Trendsで"wiki,blog,sns,bbs"を調べてみた。

世界のGoogleで検索されたキーワードの“トレンド”をチェックできる「Google トレンド」

[特定キーワードの検索動向がわかる「Google トレンド」日本語版より引用]

例えば、検索件数が急増し、グラフがピークを示しているような時点で、どのような出来事が起きたのかをニュース記事を読むことで把握できる

[検索キーワードの“トレンド”がわかる「Google Trends」公開より引用]

Google Trends: wiki,blog,sns,bbs@2009/5/27現在

たとえば、「wiki,blog,sns,bbs」でトレンド検索をしてみる。意外にも、2007年以降、blogよりもwikiのほうが検索件数が多いのが興味深い。

Google Trends: wiki,blog,sns,bbs

落書きの力

そしてテレ朝の記者はその低いアングルから安田講堂の中へと入り込み、そして学生運動の闘士たちが書いた壁の落書きをメモし、それらを読み上げながら、自分の見た東大闘争を語っていった。「人間を最も欲している者が、何故最も非人間的に見られるのだろう」「連帯を求めて孤立を恐れず、力及ばずして倒れることを辞さないが、力尽くさずして挫けることを拒否する」。それらの落書きを読み上げていく記者の言葉は、「机や椅子が壊れています」「(放水の)水が滝のように流れています」という通り一辺倒な現場レポートを行う他社の記者たちとは一線を画す報道となった

[週刊誌記者の取材に心が汚れた:佐々木俊尚 ジャーナリストの視点 - CNET Japanより引用]

Tags: quote

栗本薫 by 新井素子

常識外の情熱がなければ書けないだろう。

[【栗本薫さん死去】「読者としても作家としても尊敬していた」SF作家、新井素子さん - MSN産経ニュースより引用]

Tags: quote

こどもが自分で課題をこなすように仕向ける技

わたしはすぐに怒って「○○しなさい」と命令形で言ってしまうのだけれど、これはちょっとまずい。

こどもが自分でするように、環境を整備してやるのがいいと思いつつも、その整備の仕方がわからないでいたら、ハハ友のひとりに、こう言われた。

「『△△ちゃんは、どうすれば、○○を毎日できるようになるかな?』って本人に決めさせるの。それでも、あんまり放置しているようだったら、『この前考えた方法だと、○○をしないよね。もう一度、どうすればいいか考えてみようか』って繰り返すの」

あと、また別のハハ友にはこう言われた。

「だいたい、怒って、何かしなさいって言うと、こどもは萎縮しておびえちゃって、その時はその通りに動いたとしても、ぜんぜん、頭に入ってないのよねぇ」

Tags: 育児

「コンテンツは○○を参考にさせてもらっています」。

コンテンツはTwit HELPを参考にさせていただいています。

[Tween まとめサイト - トップページより引用]

ちょっとおもしろい表現だったので、メモ。

wikiページで昨日、今日、目にする表現。最近、流行ってきているのかもしれない。

おそらくいわんとしているところは、「このコンテンツの情報設計(構造)は○○を参考にさせてもらっています」ということなのかもしれない。

つまり○○がテンプレとして作用している。それを真似て、異なるプロダクトのページを作成する。

テンプレ著作権ってどうなっているんだろう。wiki上の情報の構造のあり方がrewikiされはじめている。

もう、戻れない

オレなんかもうただ、そこから、なんか「文字」とか「文」とか引っ張ってこれないかって血眼になって

[twwpより引用]

もう全然違う文脈を持ってしまったんだなあ、わたしは。って愕然としたりした。

[twwpより引用]

一度、それを知ってしまったら、もう、知らなかった時には戻れない。そんな、

[Twitter / shino: 一度、それを知ってしまったら、もう、知らなかった時に ...より引用]

Tags: quote

トップ «前の日記(2009年05月26日(Tue)) 最新 次の日記(2009年05月28日(Thu))» 編集 RSS feed
2000|03|
2007|01|03|04|05|06|10|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|02|04|05|09|10|12|
2016|01|03|04|05|08|
2017|01|02|04|05|06|07|08|09|10|
2018|05|06|
2019|08|12|