トップ «前の日記(2009年01月06日(Tue)) 最新 次の日記(2009年01月11日(Sun))» 編集 RSS feed

shinoのときどき日記


2009年01月10日(Sat)

セキュリティ&プログラミング・キャンプ・キャラバン@湘南藤沢 & 『新春座談会 このコンピュータ書がすごい! 2009年版』@ジュンク堂池袋本店

いやはや。なんというか、まぁ、どこから書けばいいんだろう。今日は、久しぶりにIT系イベントどっぷりな一日でした。

順を追って書こうかとも思うのですが、セキュキャンの方は日記にどこまで書いていいのかよくわからない(というか時間がなくて、講演者のかたに許可を得ていないのと、まだ全国で終わってないのでどこまでネタばらししていいのか……これからのお楽しみの方のためにもあまり書かないほうがいいかな?とか悩む)のと、ジュンク堂のコンピュータ書籍が、セキュキャンの内容にリンクしそうな部分もあったので、絡めてごたまぜに行きます。

セキュリティ&プログラミング・キャンプ・キャラバン@湘南藤沢

初めて、SFCに行ったのですが、辻堂経由は遠かったです。辻堂駅が2年前から駅周辺開発をしているらしく、バス停探しに迷いました。時間の都合で、最後のフリーディスカッションまで居られなかったのですが、一番、聞きたかった宮本氏の「Cのポインタを見直してみよう」まで聴講できたのはよかったです。(わたしは現役PG時代、C言語使いでした)。

聴講に来ていたのは、ほとんどが22歳以上で、おそらく、「ちくしょう、オレだっても少し若かったらセキュリティ・キャンプに出たかったぜ」という感じの男性が多かったです。女子率は低く、会場をざっと眺めて、わたしを含め3名ほどでした。

今回のキャラバンは、セキュリティ&プログラミングの内容のバランスがとても良いので、もっと多くの人が聞きに来たら良かったのになぁ(特に新卒から3年目くらいの経験値のPGの人)。まだ札幌と金沢であるようなので、その地域の方で、職業PG3年目くらいまでの方は、行ってみるといいと思います。

さて、内容のほうに(あまりネタばらししない程度に)。

セキュリティ&プログラミングキャンプのご紹介
  • 対象年齢は15〜22歳
  • 神奈川県からの参加者が多い
  • 交通費は事務局持ち(安心して来い、ということか)
  • 講習内容を動画で紹介
    • 綜合警備保障の偉い人が出ていた
    • はてなの伊藤直也氏が出ていた
    • プログラミングチームはドワンゴ見学に行ったらしい
    • セキュリティチームは株式会社ラック見学に行ったらしい
    • NHKの11/10に放映されたデジタル・ネイティブの取材を受けたらしい
    • チューターの最後の終了宣言がよかった。
プログラミング基礎
  • 詳細をどこまで書いていいかわからないので概要のみ。
  • アルゴリズムを学べ
    • 先達の知恵。良いアルゴリズムと良くないアルゴリズムがある。
    • アルゴリズムを知ることで、効率よくプログラミングできる。
  • ソースコードを読むチカラをつけろ
    • ソースコードの規模を把握しろ(小規模、中規模、大規模)
    • 字面の理解と、動作の理解の両方を。
    • ディレクトリ構造を把握しろ。
    • 変更履歴を把握しろ。
  • オープンソースソフトウェア
    • インターネットの普及に貢献
    • 楽しい!
  • 勉強会/コミュニティ
    • 新しい発見と出会いがある
    • 楽しい!
情報セキュリティ基礎(正しい情報セキュリティを学ぶ)
  • 内容を書いていいかどうか判断つかないので保留。
Webアプリのセキュリティテスト
  • 講演者
    • 国分裕氏
  • 内容を書いていいかどうか判断つかないので詳細は保留。
    • XSS(クロスサイトスクリプティング)について
    • SQLインジェクションについて
    • テスト推薦ツール
    • 実際の動かし方をデモしてくださり、理解がすごくできました。
プログラミング応用(Cのポインタを見直してみよう)
  • 講演者
    • 宮本久仁男氏
  • 内容を書いていいかどうか判断つかないので詳細は保留。
    • Cポインタを使う時は、mallocでメモリを領域確保し、freeする。

『新春座談会 このコンピュータ書がすごい! 2009年版』@ジュンク堂池袋本店

上記に絡めた以外に紹介されていた書籍で気になったもの。

  • 花花素材集
    井上 のきあ
    MdN
    ¥ 3,675

    • 編集者さん曰く、「マクドナルドや電車の中で、女の子たちが眺めている本なんです」。ちらっと中身を見せてもらいましたが、たしかにセンスがとてもよい。これは購入してしまうかも。同シリーズで、「ふわふわ素材集」「きらきら素材集」があるそうです。少し制約もあるそうですが、商業利用も可。個人利用はフリーだそうです。メディアの中には、EPSファイルとPNGファイルが収録されているそうです。

他にも多数の本が怒濤の勢いで紹介されていましたが、『このコンピュータ書がすごい! 2009年版』最新情報で後日、詳細が追加される予定らしいです。たのしみです。


追記

  • 高橋氏にもらったサイン

高橋氏サイン付書籍ランキング

Tags: 勉強会

トップ «前の日記(2009年01月06日(Tue)) 最新 次の日記(2009年01月11日(Sun))» 編集 RSS feed
2000|03|
2007|01|03|04|05|06|10|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|02|04|05|09|10|12|
2016|01|03|04|05|08|
2017|01|02|04|05|06|07|08|09|10|
2018|05|06|
2019|08|12|
2020|01|03|04|
2021|01|