トップ «前の日記(2017年01月14日(Sat)) 最新 次の日記(2017年02月04日(Sat))» 編集 RSS feed

shinoのときどき日記


2017年01月27日(Fri)

聖書朗読 川のほとりの木

先週から、金曜日の夜に、賛美歌やワーシップなどから1曲とりあげて、関連しそうな聖書箇所を朗読する試みを始めました。

今日は、国分友里恵さんの「川のほとりの木のように」です。曲の歌詞は詩篇1篇を持ってきたものですが、タイトルの「川のほとりの木のように」にちなみ、では、聖書では、どんな「川のほとりの木」が出てくるのか、眺めてみました。

今日、朗読した聖書箇所は次の通りです。

●エデンの園 (創世記 3:22-24)

「主なる神は言われた、「見よ、人はわれわれのひとりのようになり、善悪を知るものとなった。彼は手を伸べ、命の木からも取って食べ、永久に生きるかも知れない」。 そこで主なる神は彼をエデンの園から追い出して、人が造られたその土を耕させられた。 神は人を追い出し、エデンの園の東に、ケルビムと、回る炎のつるぎとを置いて、命の木の道を守らせられた。」

●地 (申命記 30:19 )

「わたしは命と死および

祝福とのろいをあなたの前に置いた。

あなたは命を

選ばなければならない。」

●新天新地. (ヨハネの黙示録 22:1-3)

「御使はまた、水晶のように輝いているいのちの水の川をわたしに見せてくれた。この川は、神と小羊との御座から出て、 都の大通りの中央を流れている。川の両側にはいのちの木があって、十二種の実を結び、その実は毎月みのり、その木の葉は諸国民をいやす。のろわるべきものは、もはや何ひとつない。」

主はこう仰せられる。

 「人間に信頼し、肉を自分の腕とし、心が主から離れる者はのろわれよ。

そのような者は荒地のむろの木のように、しあわせが訪れても会うことはなく、荒野の溶岩地帯、住む者のない塩地に住む。

主に信頼し、

 主を頼みとする者に

 祝福があるように。

その人は、

水のほとりに植わった木のように、

 流れのほとりに根を伸ばし、

 暑さが来ても暑さを知らず、

 葉は茂って、

 日照りの年にも心配なく、

 いつまでも実をみのらせる。

(エレミヤ書17章5節から8節)

まことに、その人は主のおしえを喜びとし、

昼も夜もそのおしえを口ずさむ。

その人は、

水路のそばに植わった木のようだ。

時が来ると実がなり、その葉は枯れない

その人は、何をしても栄える。

(詩篇1篇2節から3節)

イエス・キリストの言葉

「わたしはぶどうの木、

あなたがたはその枝である。

もし人がわたしにつながっており、

またわたしがその人とつながっておれば、

その人は実を豊かに結ぶようになる。

わたしから離れては、

あなたがたは何一つできないからである。」

ヨハネによる福音書 15:5


トップ «前の日記(2017年01月14日(Sat)) 最新 次の日記(2017年02月04日(Sat))» 編集 RSS feed
2000|03|
2007|01|03|04|05|06|10|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|02|04|05|09|10|12|
2016|01|03|04|05|08|
2017|01|02|04|05|06|