トップ 最新 追記 RSS feed

shinoのときどき日記


2017年08月17日(Thu)

受難節と受難週の意味の違いについて。

※聖書についての某MLで、分かりやすいとコメントいただけたので、こちらにも記載しておきます。以下。

「受難節」か「受難週」かという用語ですが、 これはまず、「節」と「週」で単位が異なる用語です。

「節」は、ある一定の期間や一年を四つに区切った季節をあらわします。教会の場合は、一年を待降節、受難節、復活節、聖霊降臨節の四つに区切ります。

教会によっては、週報に、 受難節第○週礼拝とか、聖霊降臨節第○週礼拝とか 記載されているところもあるかもしれません。 節と節の間にクリスマス礼拝、受難記念礼拝、イースター礼拝、ペンテコステ礼拝が挟まれます。

教会の四つの「節」は均等には分かれてなくて、復活節から待降節の間の、 聖霊降臨節が一番長いです。

「週」は七日間単位の日にちです。 日曜日から土曜日がユダヤ教、キリスト教では週の単位です。

ユダヤ教では週の終わりの土曜日が安息日で、 安息日は礼拝以外、仕事をしてはいけないので、 ユダヤ人は金曜日にイエス様を十字架につけ、そして、 イエス様は死んで三日目の日曜日に復活されました。

キリスト教はイエス様のご復活の日曜日を 主日の日として礼拝しています。

ここら辺は十戒の「安息日を覚えてこれを聖とせよ」、と、 日曜日は「休みの日」という明治時代に 西洋から持ち込まれ、 中途半端に移植された日本のカレンダー概念が入り混じって 混乱しがちになります。

少し話が長くなりましたが、 節と週は単位が異なる一定期間の日にちをあらわす言葉です。

簡単にいうと、 「受難週」は、「受難節」の最後の1週間となります。


トップ 最新 追記 RSS feed
2000|03|
2007|01|03|04|05|06|10|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|02|04|05|09|10|12|
2016|01|03|04|05|08|
2017|01|02|04|05|06|07|08|09|10|