トップ «前の日記(2014年12月29日(Mon)) 最新 次の日記(2015年01月07日(Wed))» 編集 RSS feed

shinoのときどき日記


2015年01月01日(Thu)

2015 年間聖句 テモテヘの第二の手紙‬ ‭二章八節

ダビデの子孫として生れ、死人のうちからよみがえったイエス・キリストを、いつも思っていなさい。これがわたしの福音である。

Remember Jesus Christ, raised from the dead, descended from David. This is my gospel,

昨年は、一年を通じて、年間聖句(詩篇74:16)に何度も何度も救われました。そして、みことばを握りしめ、みことばに寄り頼み、みことばを行動するこれらのことがもたらしてくれる恵みの大きさを思うと、もう、イエスさまと福音なしでは本当にわたしは生きていけないと思わされるのです。

今年の年間聖句はテモテへの第二の手紙に示されました。この箇所はシンプルですが、少し複雑で、いかにも聖書的な多層的な読みが必要となる箇所です。なぜなら、この箇所には四人の人物がかかわっているからです。

直接名前があがっているのは、二人です。ダビデとイエス。

ダビデは、旧約聖書で偉大な信仰者、偉大な王、偉大な賛美者として誉れ高い人物です。ダビデも人間ですから罪を犯しました。敵にも攻め立てられました。しかし、その苦難にあって主なる神のみをより頼み、ほめたたえ、望みを主なる神様におき、そのことで、神様に「よし(義)」とされ、神様からいつかダビデの家系からメシア(救い主)が出るという一方的な契約を与えられました(歴代誌 第一 17:10-15)。

そして、その系図の子孫として生まれたイエスさま。イエスさまは神でありながら人としてこの世に降誕し、メシアとして人の罪を赦し、信じる者に永遠の命を与えるために、メルキセデク以上の大祭司、モーセ以上の預言者、ダビデ以上のユダヤ人の王でありながら、十字架にかかり、死んで、冥府にくだり、三日目に蘇って、今は天におられます。(と、同時にキリスト教では父子聖霊の三つで一つの神様を信仰しているのですが、天におられるイエスさまは、聖霊という神の霊により、今もわたしたちと共に居てくださる存在なのです)。

イエス・キリストを思う、それも、死人のうちから蘇ったイエス・キリストを思うことは、闇、罪、悪、死に打ち勝つためのただひとつの道です。罪の報酬は死でありながら、イエスさまはあわれみ深く、罪人を招いて「あなたを罪に定めない」と言ってくださる方です。それは神様にしかできない技です。それができるイエスさまは、天地創造の時に神さまが発した「光あれ」という言葉であり、そのまことの光、神さまそのものなのです。

人間、目を閉じるとどうですか?真っ暗でしょう。肉の中には光がないのです。目を閉じたら暗くなるということでわかりますよね。けれど、イエス・キリストを思うこと。それは心で、魂で、精神でまことの光であるイエス・キリストという存在を思う時、目を閉じたら暗い、闇の人間の肉体の中に、光がぽっと宿るのです。その光を頼りにして、歩むことができるのです。

もしも、わたしの心のうちに闇があってそこに不安や恐れ、悪口、妬みなどが渦巻いたとしても、「イエスさま」とまことの光である方のお名前を呼び、心に迎え入れるならば、すでに死に打ち勝っているイエスさまがその闇を打ち砕いて、そして、御霊の実*1をくださいます。

なんてすばらしいことでしょう。

この手紙を書いた使徒パウロは、イエスさまが天に昇られたあとにご復活のイエスさまに会いました。そしてイエスさまについての宣教活動を共に担うテモテへ、伝道者、宣教者、教師としての在り方を示したのがこのテモテへの手紙です。

わたし自身は一般の信徒で、伝道者でも宣教者でも教師でもないのですが、ノンクリスチャンホームで、でもあつかましくも「わたしはクリスチャンです」と名乗らせてもらっているのですね。周囲の人たちは、やさしくて、わたしの信仰を尊重してくれるのでそのことは本当に感謝なのですが、とても厚い厚い壁があってなかなか神様の愛を伝えられない。どうしたら良いかわからない、そんな中にあって、このみことばを年間聖句として今年一年、時が良くても悪くても、主をほめたたえつつ、恵みを受け、自分を愛するように隣人を愛せるよう歩ませてもらえますように。

*1 22しかし、御霊の実は、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、 23柔和、自制であって、これらを否定する律法はない。 (ガラテヤ人への手紙 5:22-23)


トップ «前の日記(2014年12月29日(Mon)) 最新 次の日記(2015年01月07日(Wed))» 編集 RSS feed
2000|03|
2007|01|03|04|05|06|10|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|02|04|05|09|10|12|
2016|01|03|04|05|08|
2017|01|02|04|05|06|07|08|09|10|